消滅する言語 : 人類の知的遺産をいかに守るか

デイヴィッド・クリスタル 著 ; 斎藤兆史, 三谷裕美 訳

いま地球上から、二週間に一つのペースで言語が消滅している。英語やスペイン語など優位言語の圧力で消えてゆくものもあれば、話者が激減してうまく継承されない言語も多い。歴史や民族的独自性を表現する言語が死ぬということは、人類の知的遺産の喪失を意味し、世界の多様性を脅かすものである。現在、危機に瀕している言語は六〇〇〇前後といわれる。危機言語を守るために、できること、そしてなすべきこととは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語の死とは何か
  • 第2章 なぜ放っておいてはいけないのか
  • 第3章 なぜ言語は死ぬのか
  • 第4章 どこから始めるべきか
  • 第5章 何ができるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消滅する言語 : 人類の知的遺産をいかに守るか
著作者等 Crystal, David
三谷 裕美
斎藤 兆史
クリスタル デイヴィッド
書名ヨミ ショウメツスル ゲンゴ : ジンルイ ノ チテキ イサン オ イカニ マモルカ
書名別名 Language death
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.11
ページ数 274p
大きさ 18cm
ISBN 4121017749
NCID BA69628868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20718741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想