切手と戦争 : もうひとつの昭和戦史

内藤陽介 著

プロパガンダ切手で占領地を埋め尽くせ!スローガン入り消印で敵の戦意を奪い取れ!戦うための武器は、なにも銃器や爆弾だけとは限らない。日中、満州実効支配を巡る攻防。日米、対立する「戦争の大義」の応酬。そして誇示される戦果の数々-。満州事変から日本の敗戦まで、様々な歴史の舞台裏で、まさに情報戦のごとく国家の威信をかけ飛び交った切手たち。そこから浮かび上がってくる、もうひとつの昭和戦史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 満州事変から日中戦争へ
  • 第2章 日中全面戦争
  • 第3章 日中戦争から日米戦争へ
  • 第4章 開戦、太平洋戦争
  • 第5章 連合国の反攻
  • 第6章 帝国の落日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 切手と戦争 : もうひとつの昭和戦史
著作者等 内藤 陽介
書名ヨミ キッテ ト センソウ : モウ ヒトツ ノ ショウワ センシ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2004.11
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4106100932
NCID BA69618886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20706530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想