聖パウロ

エティエンヌ・トロクメ 著 ; 加藤隆 訳

キリスト教へと回心することで、「目からウロコ」が落ちたとされる伝道者-聖パウロは、初代教会の創設に尽力し、世界宗教への礎を築いた。本書は、彼の苦難に満ちた足跡を辿りながら、新約聖書に収められた使徒行伝や書簡集を読み解いてゆく。「異邦人への使徒」の真の姿に迫った、評伝の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パウロの生涯についての資料-その枠組と年代
  • 第2章 初期のパウロ
  • 第3章 エルサレムとの断絶
  • 第4章 独立した伝道者
  • 第5章 教会指導者
  • 第6章 和解を求めて
  • 第7章 敗北して
  • 第8章 パウロの思想
  • 第9章 遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖パウロ
著作者等 Trocmé, Etienne
加藤 隆
Trocm'e 'Etienne
トロクメ エティエンヌ
書名ヨミ セイ パウロ
書名別名 Saint Paul
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2004.11
ページ数 177, 2p
大きさ 18cm
ISBN 456050881X
NCID BA69612777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20709226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想