ALS不動の身体と息する機械

立岩真也 著

ALS当事者の語りを渉猟し、「既に書かれていること」をまとめた本。人工呼吸器と人がいれば生きることができる、と言う本。だから感動の少ない本。しかし「生命倫理」という名の議論は、せめてここから始めるべきだとわかる本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 間違い
  • まだなおらないこと
  • わかること
  • わかることについて
  • 呼吸器のこと
  • 既にあったものの出現
  • 川口武久のこと
  • その先を生きること
  • 死の位置の変容
  • さらにその先を生きること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ALS不動の身体と息する機械
著作者等 立岩 真也
書名ヨミ ALS フドウ ノ カラダ ト イキスル キカイ
書名別名 ALS fudo no karada to ikisuru kikai
シリーズ名 シリーズケアをひらく
出版元 医学書院
刊行年月 2004.11
ページ数 451p
大きさ 21cm
ISBN 4260333771
NCID BA69604520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20716781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想