被差別部落のわが半生

山下力 著

被差別部落出身者であることに悩み、隠し、二十八歳にして「これこそオレが言いたかったことだ」と、初めて部落解放運動に目覚める。その後の解放運動の中で「糾弾屋」と呼ばれた著者が、山あり谷ありの自らの半生を振り返り、どのように試行錯誤してきたか、どのように部落解放運動と取り組んできたかを、次の世代の若い仲間に生き生きと伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 記憶と意識
  • 第2章 流浪と邂逅
  • 第3章 差別と糾弾
  • 第4章 教育と責任
  • 第5章 米と肉
  • 第6章 言葉と倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被差別部落のわが半生
著作者等 山下 力
書名ヨミ ヒサベツ ブラク ノ ワガ ハンセイ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2004.11
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4582852513
NCID BA69574102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20747036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想