叡尊・忍性 : 持戒の聖者

松尾剛次 編

戒律の復興を志し、多くの民衆を救済することによって菩薩と呼ばれた叡尊。叡尊に師事し鎌倉に戒律を広め、様々な社会事業を行った忍性。この二人の僧の生涯と心性を追求。叡尊信仰の世界を解明し、現代的意味を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 叡尊・忍性の魅力
  • 2 叡尊の生涯
  • 3 戒律復興運動
  • 4 叡尊の舎利信仰と宝珠法の美術
  • 5 忍性の生涯
  • 6 叡尊・忍性教団の考古学
  • 7 忍性伝の諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叡尊・忍性 : 持戒の聖者
著作者等 松尾 剛次
書名ヨミ エイゾン ニンショウ : ジカイ ノ セイジャ
書名別名 Eizon ninsho
シリーズ名 日本の名僧 10
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.12
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4642078541
NCID BA69568438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20707694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想