英語でよむ万葉集

リービ英雄 著

「万葉集にたどりついたとき、古い日本語というよりも、とても新しい文学に出会ったという不思議な感じがした」英語を母語としながら、日本語作家として現代文学をリードする作家の感性が、英語という鏡に古代日本語の新しい姿を映し出す。全米図書賞を受賞した名訳から選りすぐった約五〇首の対訳に、作家独自のエッセイを付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 天皇というアイデンティティ
  • 1 ちいさな「くに」の雄大な想像力
  • 2 イメージの醍醐味、それは「映像」に近い
  • 3 世界第二の都市の、おおらかな「文明」
  • 4 太子の嘆き。日本語の根元的な感情は伝わるのか
  • 5 枕詞は、翻訳ができるのか
  • 6 柿本人麿、世界の古代文学の「最高峰」
  • 7 loveとは違った、恋の表現力
  • 8 千三百年の比喩
  • 9 山上憶良、絶叫の挽歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語でよむ万葉集
著作者等 Levy, Ian Hideo
リービ 英雄
書名ヨミ エイゴ デ ヨム マンヨウシュウ
シリーズ名 万葉集
岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.11
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4004309204
NCID BA69567355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20713263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想