杜牧詩選

杜牧 著 ; 松浦友久, 植木久行 編訳

「江南の春」「山行」などで人気の高い晩唐の詩人、杜牧(803‐852)。抜群の着眼力と造句力に彩られた代表作一三二首を精選。懐古・詠史以下、一二の主題に分類し、詩心の輝きを探る。長篇「阿房宮賦」「杜秋娘詩」も収録。『李白詩選』と姉妹篇をなす、漢詩ファン待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

「江南の春」「山行」などで人気の高い晩唐の詩人、杜牧(八〇三‐八五二)。抜群の着眼力と造句力に彩られた代表作一三二首を精選。回顧・詠史以下、一二の主題に分類し、詩心の輝きを探る。長篇「阿房宮賦」「杜秋娘詩」も収録。『李白詩選』と姉妹篇をなす、漢詩ファン待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 懐古のうた-滅びしものへ
  • 第2章 詠史のうた-歴史へのまなざし
  • 第3章 行旅のうた-異郷に在りて
  • 第4章 郷思のうた-ふるさとへの思い
  • 第5章 閨のうた-女性の情愛
  • 第6章 贈答のうた-親しき人に
  • 第7章 飲酒のうた-酔境のかたち
  • 第8章 閑適のうた-執われぬ心
  • 第9章 登覧のうた-高きに登りて
  • 第10章 離別のうた-去りゆくものに
  • 第11章 詠物のうた-実相を求めて
  • 第12章 書懐のうた-わが心わが思い

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 懐古のうた-滅びしものへ
  • 第2章 詠史のうた-歴史へのまなざし
  • 第3章 行旅のうた-異郷に在りて
  • 第4章 郷思のうた-ふるさとへの思い
  • 第5章 閨情のうた-女性の情愛
  • 第6章 贈答のうた-親しき人に
  • 第7章 飲酒のうた-酔境のかたち
  • 第8章 閑適のうた-執われぬ心
  • 第9章 登覧のうた-高きに登りて
  • 第10章 離別のうた-去りゆくものに
  • 第11章 詠物のうた-実相を求めて
  • 第12章 書懐のうた-わが心わが思い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 杜牧詩選
著作者等 杜 牧
松浦 友久
植木 久行
書名ヨミ ト ボク シセン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.11
ページ数 435p
大きさ 15cm
ISBN 400320221X
NCID BA69553248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20709740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想