ファーストエンペラーの遺産 : 秦漢帝国

鶴間和幸 著

死後なお地下帝国に君臨せんとした秦始皇帝の想像を絶する野望。高祖劉邦に始まり、王莽の反乱をはさんで前後四四〇年にわたり中原を支配した大漢帝国。荒ぶる英雄・梟雄が闊歩し、美妃が嫣然と微笑む、波瀾万丈、陰翳深い古代中国。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ファーストエンペラーの誕生
  • 皇帝制の成立
  • 秦楚漢の三国志
  • 劉氏王朝の誕生
  • 武帝の時代(司馬遷の生きた時代
  • 領土拡大)
  • 後宮の窓から見た帝国の行方
  • 民衆の世紀
  • 自然災害と内乱の世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファーストエンペラーの遺産 : 秦漢帝国
著作者等 鶴間 和幸
書名ヨミ ファースト エンペラー ノ イサン : シン カン テイコク
シリーズ名 A history of China / 礪波護 ほか編 3
中国の歴史 3
出版元 講談社
刊行年月 2004.11
ページ数 486p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 4062740532
NCID BA69534403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20704859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想