腐敗と再生

小菅隼人 編

[目次]

  • 第1部 腐敗-浄化‐再生(ギリシアの医学と文化における「浄め」の曖昧さ)
  • 第2部 腐敗-恐怖・忍耐・誘惑(祈祷と治療-中世のペスト蔓延の中での感染・生き残り・死への社会文学的なアプローチ
  • 腐敗と救済-スペクタクルとしての死体と腐敗 ほか)
  • 第3部 腐敗と再生-十七世紀から二十世紀(メランコリーと腐敗の体内イメージ-精気と瘴気と神経と
  • 魔女の大釜、レヴェットの洞窟-文学的表象にみる近代英国ヤブ医者群像 ほか)
  • 第4部 再生-現代(切断/補綴、あるいは身体の再構成-オットー・ディックスの一枚の絵をめぐって
  • 泰緬鉄道の日本軍捕虜収容所における腐敗、即興、再生
  • 乳癌との闘い=再生へのプロセス-オードリー・ロードの拓いた道)
  • 第5部 再生-科学的展開(微生物による腐敗と再生
  • 細胞の機能と行動に視点をおいた形態形成の解明-ヒトデ胚の形態形成を中心に
  • うつること-遺伝と環境とひと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腐敗と再生
著作者等 小菅 隼人
書名ヨミ フハイ ト サイセイ
書名別名 Fuhai to saisei
シリーズ名 身体医文化論 3
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2004.11
ページ数 408, 14p
大きさ 21cm
ISBN 476641120X
NCID BA69506000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20792438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想