遊牧の世界

松原正毅 著

一九七九年夏、熱く乾いた空気のなか、トルコでの遊牧生活は始まった。家畜の群れとともに秋営地から冬営地、夏営地へ、活気に満ちた一年がすぎてゆく-。遊牧という生活様式がユーラシア文明に及ぼした影響をめぐる考察を交えながら、「自由」な暮らしを求めるユルックたちの営みをヴィヴィッドに綴った民族誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 秋営地にて-搾乳と家畜管理(チャドルいり
  • 放牧の技術 ほか)
  • 第2章 移動-秋営地から冬営地へ(迂回路
  • チャンドル・ヨル ほか)
  • 第3章 冬営地にて-家畜の出産と認識体系(家畜の出産と成長
  • 家畜の病気 ほか)
  • 第4章 移動-冬営地から夏営地へ(コプラングチの花
  • ヤイラ・トプラク ほか)
  • 第5章 夏営地にて-経済活動と定住化(経済活動
  • 社会構造 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊牧の世界
著作者等 松原 正毅
書名ヨミ ユウボク ノ セカイ : トルコケイ ユウボクミン ユルック ノ ミンゾクシ カラ
書名別名 トルコ系遊牧民ユルックの民族誌から
シリーズ名 平凡社ライブラリー 520
出版元 平凡社
刊行年月 2004.11
ページ数 421p
大きさ 16cm
ISBN 4582765203
NCID BA69503465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20742173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想