東京ファイティングキッズ

内田樹, 平川克美 著

五十路の少年二人の対話録。商売の奥義、大学改革の是非、女権論の諸問題、武道の応用、家族の変貌、米国覇権主義の限界、老後の知恵…皆が気にするお題をエーッ!という角度から説きまくる、昭和25年生まれの団塊&元全共闘が生んだ、「正解なき乱世」を生きぬくための"酸素ボンベ的ダイアローグ"です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平川克美-一九七七年、ぼくたちは会社をつくった
  • 内田樹-「世間を甘く見る」というのは、間違いなく、ぼくたち二人が共有する宿命的な性格ですからね
  • 平川克美-出発点において、ぼくたちに「何ができないか」を知るほうが面白そうだと直感したこと
  • 内田樹-過去はまだ去っておらず未来はもう来ている。これがぼくがフィジカルに感じ取っている「時間感覚」です
  • 平川克美-「銭のないやつぁ俺んとこへ来い。俺もないけど心配するな」って起業家の基本のマインドセットだと思う
  • 内田樹-K‐1の武蔵さんの即答。「打たれたときは、それをもう忘れて、二つ先のパンチが相手にヒットしているときの感じ」を想定して、それを「現在」だと思う
  • 平川克美-ぼくは基本的に「戦略」的思考が嫌いなんです。なんか下品というか「美学」がないんだな
  • 内田樹-他者における欲望の充足をわが欲望の充足と「勘違いする」という「共‐欲望」の消費システムへ
  • 平川克美-「縁側」的な共有地を持たない社会というのは非常にコスト高の社会になるのは言うまでもありません
  • 内田樹-「ご縁」ということばは、一つの関係から、今分かっている意味以外の「もう一つの意味」を読みとろうとする志向を促します〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京ファイティングキッズ
著作者等 内田 樹
平川 克美
書名ヨミ トウキョウ ファイティング キッズ
出版元 柏書房
刊行年月 2004.10
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 4760126252
NCID BA69409875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20693521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想