やり直しのための信号数学 : DFT,FFT,DCTの基礎と信号処理応用

三谷政昭 著

マルチメディア情報通信ネットワークを支える基本技術、とりわけ"信号処理"に関わる数学的な基礎をしっかりと身につけておくことは、技術者にとって必要不可欠のものである。本書は大きく5部から構成され、おもに信号解析や信号処理と数式表現との関わり合いにスポットをあてて説明している。その際、数式における物理的な意味のあぶり出しを強く意識しつつ、"わかりやすい"解説を心がけている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 信号解析の基礎(新号数学の準備
  • 正規直交基底とディジタル信号解析)
  • 第2部 DFT-ディジタル・フーリエ変換(ディジタル・フーリエ変換(DFT)の基礎
  • DFTの諸性質と一般化 ほか)
  • 第3部 FFT-高速フーリエ変換(高速フーリエ変換(FFT)の考え方
  • FFT計算アルゴリズム ほか)
  • 第4部 DCT-ディジタル・コサイン変換(DFTからDCTへの橋渡し
  • DCTによる信号解析の基礎 ほか)
  • 第5部 総括(DFT、FFT、DCTのまとめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やり直しのための信号数学 : DFT,FFT,DCTの基礎と信号処理応用
著作者等 三谷 政昭
書名ヨミ ヤリナオシ ノ タメノ シンゴウ スウガク : DFT FFT DCT ノ キソ ト シンゴウ ショリ オウヨウ
出版元 CQ
刊行年月 2004.11
ページ数 431p
大きさ 24cm
ISBN 478983087X
NCID BA69360608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20688883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想