教養情報科学概論 : ユビキタス時代の情報活用

小林健一郎 ほか著

ユビキタス・コンピューティング、個人の情報活用、ビジネスでの情報活用、政府や地方自治体での情報活用、教育での情報活用、医療・介護・福祉での情報活用など、社会での多様な情報活用について述べている。重要な諸問題として、セキュリティ、プライバシー、サイバースペースのコミュニティのような今後もますます重要になる諸問題を取りあげた。電子タグの活用、企業におけるIT活用、電子商取引、e‐Learning、医療・介護・福祉の情報システム、携帯電話、フリーウェア・シェアウェア、ロボティックス、ヒューマンインタフェースなど、最新にして重要なトピックも多く取りあげた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ユビキタス時代の情報活用(ユビキタス時代の情報科学
  • 個人の情報活用
  • ビジネスでの情報活用
  • 地域社会での情報活用
  • 教育分野での情報活用
  • 医療・介護・福祉での情報活用)
  • 第2部 ユビキタス時代を支える情報技術(情報のデジタル化
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • ネットワーク
  • 要素技術
  • 今後の動向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教養情報科学概論 : ユビキタス時代の情報活用
著作者等 中原 陽三
佐野 典秀
宮崎 佳典
小林 健一郎
武藤 伸明
渡部 和雄
湯瀬 裕昭
鈴木 直義
書名ヨミ キョウヨウ ジョウホウ カガク ガイロン : ユビキタス ジダイ ノ ジョウホウ カツヨウ
書名別名 Kyoyo joho kagaku gairon
出版元 共立
刊行年月 2004.10
ページ数 155p
大きさ 26cm
ISBN 4320121147
NCID BA69268514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20689693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想