パクス・ロマーナ  中

塩野七生 著

「帝政」の名を口にせず、しかし着実に帝政をローマに浸透させていくアウグストゥス。彼の頭にあったのは、広大な版図に平和をもたらすためのリーダーシップの確立だった。市民や元老院からの支持を背景に、アウグストゥスは綱紀粛正や軍事力の再編成などに次次と取り組む。アグリッパ、マエケナスという腹心にも恵まれ、以後約200年もの間続く「パクス・ロマーナ」の枠組みが形作られていくのであった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パクス・ロマーナ
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ パクス ロマーナ
シリーズ名 ローマ人の物語 15
新潮文庫 15
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 2004.11
ページ数 210p
大きさ 16cm
ISBN 4101181659
NCID BA69251522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20681627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想