保健と医療の人類学 : 調査研究の手引き

A.ハルドン 他著 ; 石川信克, 尾崎敬子 監訳

健康に関する問題は、文化的・社会的視点から広くかつ深く捉える必要がある。…そのため医療人類学や質的研究法の重要性が叫ばれているが、方法論はやや複雑で十分確立されているとは言い難く、適切な入門書・教科書はほとんどないと言える。調査・研究の必要はわかっていても具体的な方法論がわからないために踏み込めない人が多いのが現実であろう。本書はそういったニーズに応えるために作られた手引き書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人類学的アプローチ
  • 健康と病い
  • ヘルスシステム
  • 健康希求行動と保健医療サービスの利用
  • セルフ・ケア
  • 住民によるヘルス・ファイナンス
  • 住民参加とプライマリ・ヘルスケア
  • 予防接種の受容とプログラムの持続可能性
  • リプロダクティブ・ヘルス
  • 生殖行動-ミクロの視点〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保健と医療の人類学 : 調査研究の手引き
著作者等 Geest, Sjaak van der
Hardon, Anita
尾崎 敬子
石川 信克
Geest S.van der
Hardon A.
ヘースト シャーク・ファン・デル
ハルドン アニタ
書名ヨミ ホケン ト イリョウ ノ ジンルイガク : チョウサ ケンキュウ ノ テビキ
書名別名 Applied health research manual. (3rd,rev.ed.)

Hoken to iryo no jinruigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.10
ページ数 315p
大きさ 19cm
ISBN 4790710688
NCID BA6924587X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20734628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想