RNAi

グレゴリー・ハノン 編 ; 中村義一 日本語版監修

[目次]

  • 植物でのセンス鎖コサプレッション:過去、現在、そして未来
  • 動物におけるトランスジーンが引き起こすコサプレッション
  • 二本鎖RNAによるゲノム情報発現の調節機構
  • 線虫(C.elegans)におけるRNAi
  • 小さなRNAの大きな生物学:RNAiの生化学的解析
  • shRNAによる哺乳類遺伝子のサイレンシング
  • 転位性因子、RNAi、ならびにヘテロクロマチンの起源
  • リボヌクレアーゼ3スーパーファミリー:その構造とRNA成熟化、分解、ならびに遺伝子サイレンシングにおける機能と構造
  • 遺伝子サイレンシングに関わるRNA依存性RNAポリメラーゼ
  • ヘテロクロマチンの構造と機能:エピジェネティックな遺伝子サイレンシングとゲノム構成の関連
  • 線虫(C.elegans)におけるゲノムワイドなRNAiスクリーニング
  • 植物における大規模機能ゲノミクスに向けたPTGSによるアプローチ
  • 哺乳類におけるRNAi
  • 鳥類の初期胚におけるRNAi
  • マウスの卵母細胞と着床前胚に対するRNAi実験入門
  • ショウジョウバエ培養細胞におけるRNAi技術
  • ショウジョウバエにおけるRNAiの応用
  • トリパノソーマ(T.brucei)と、その他の非古典的モデル生物におけるRNAi

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 RNAi
著作者等 Hannon, Gregory J
中村 義一
渡辺 雄一郎
ハノン グレゴリー
書名別名 RNAi:a guide to gene silencing
出版元 メディカル・サイエンス・インターナショナル
刊行年月 2004.10
ページ数 434p
大きさ 28cm
ISBN 4895923827
NCID BA69239822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20694812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想