数学はいつも苦手だった

アルブレヒト・ボイテルスパッヒャー 著 ; 石井志保子 訳

数学とはなに?まだ研究することがあるの?なんの役に立つの?数学者ってどんな人?どんなことに興味を持つの?どんなことに無関心なの?数学にまつわるさまざまな難問・奇問・疑問にお答えする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数学とはなにか-この説明しにくいもの(数学とはなにか
  • ダビデとゴリアテ-数学の「定理」とはなにか ほか)
  • 外から見る数学-慎重に物事に近付こう(数学はいくつあるの?
  • タクシーでオーバーヴォルファッハへ ほか)
  • 数学をしよう-だいじょうぶ(問題いろいろ、難問、珍問
  • 数学者が知らないこと、できないこと ほか)
  • 数学者-彼等は人々にとってなんなのか?(数学者の数学
  • 非数学者の数学 ほか)
  • 応用数学-なぜどのように?(数学が何の役に立つの?
  • なぜよりによって数学を応用? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学はいつも苦手だった
著作者等 Beutelspacher, Albrecht
石井 志保子
ボイテルスパッヒャー アルブレヒト
書名ヨミ スウガク ワ イツモ ニガテ ダッタ
書名別名 In Mathe war ich immer schlecht
出版元 日本評論社
刊行年月 2004.10
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 4535783020
NCID BA69208895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20686813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想