企業論

三戸浩, 池内秀己, 勝部伸夫 著

現代社会において最も重要な組織である企業とは何だろうか。現代企業はさまざまな構造や機能のもとで多くの役割を遂行し、実に複雑な様相を呈している。その全体像を、最新のデータや事例を用いて多面的に描き出した斬新な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代企業をみる視点-5つの企業観
  • 第1章 「財・サービスの提供機関」としての企業-豊かな社会と企業の成長
  • 第2章 「株式会社」としての企業-株式会社制度の理論と現実
  • 第3章 「大企業」としての企業-企業の変容と新しい企業観の登場
  • 第4章 「組織」としての企業-組織と管理
  • 第5章 「家」としての日本企業-日本的経営の構造と原理
  • 第6章 「社会的器官」としての企業-21世紀の企業像を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業論
著作者等 三戸 浩
勝部 伸夫
池内 秀己
書名ヨミ キギョウロン
シリーズ名 有斐閣アルマ : specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.10
版表示 新版.
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 4641122326
NCID BA6919826X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想