システム・シンキング入門

西村行功 著

システム・シンキングとは、論理的な思考に加え、「モノゴトの全体構造」や「要素同士の因果関係」に注目する思考法です。1 要素の連鎖と全体構造への影響;2 時間経過による状況の変化;3 意思決定の中長期的なインパクト-を考えることで、陥りがちな悪循環を避け、好循環を生み出す正しい意思決定ができるようになります。さまざまな事例を紹介しながら、その発想からビジネスの意思決定での活用法、構造的な問題を解決するための対処法まで、丁寧に解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 単純な論理思考だけでは解けない問題がある
  • 2 システム・シンキングという思考法
  • 3 システム・シンキングの実際
  • 4 よくある「かたち」=システムの原型を理解する
  • 5 システム・シンキングで見えてくること
  • 6 システム・シンキングの実践活用法
  • 7 さらに学習したい人のためのガイド

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 システム・シンキング入門
著作者等 西村 行功
書名ヨミ システム シンキング ニュウモン
シリーズ名 日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2004.10
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4532110416
NCID BA69156510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20687069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想