スイスと日本

森田安一 編

日本とスイスは一八六四年の日瑞和親通商条約によって公式の外交交渉を開始し、二〇〇四年に一四〇周年の記念すべき年を迎えた。ヨーロッパの中央に位置する小さな山国は風光明媚な観光対象としてだけではなく、「平和と民主主義」のイメージによって日本人には好まれてきた国である。幕末の開国以来、日本はさまざまな分野でスイスの受容を実際にしてきている。本書はその受容のさまざまな姿を検討することを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 政治・政治思想(スイス像の変遷とその日本社会への影響-主として、明治維新期と一九四五年以降を対象として
  • スイスの栄光と苦難-日本におけるスイス中立の受容
  • 小国主義論-「小国」のなかのスイス-二〇世紀日本についての議論
  • 日本におけるスイス政治の受容
  • 近現代日本におけるルソー-中江兆民から福田歓一まで)
  • 第2部 宗教・経済・教育(日本の改革派教会-歴史と現代
  • 日本におけるスイス経済像-その変容にみる近代像・経済政策認識の変遷
  • 二〇世紀日本の教育界におけるペスタロッチ受容とペスタロッチ像の変遷
  • 日本の教科書におけるスイスとスイス人)
  • 第3部 文学(現代日本におけるスイス・ドイツ語文学の受容
  • 芹沢光治良の短編小説『ブルジョア』-コスモポリタンのブルジョアが出会う場所としてのスイス
  • 武者小路実篤と『ルツェルン』
  • スイスをめぐる俳句旅行-江國滋『スイス吟行』と俳人鷹羽狩行について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スイスと日本
著作者等 Klopfenstein, Eduard
Meyer, Harald
Mortimer, Maya
Mottini, Roger
Müller, Simone
Reinfried, Heinrich Martin
増本 浩子
小林 淑憲
岡本 三彦
森田 安一
踊 共二
鳥光 美緒子
黒澤 隆文
書名ヨミ スイス ト ニホン : ニホン ニ オケル スイス ジュヨウ ノ ショソウ
書名別名 日本におけるスイス受容の諸相
出版元 刀水書房
刊行年月 2004.10
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 488708336X
NCID BA69155846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20692652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想