基礎と実習バイオインフォマティクス

郷通子, 高橋健一 編

バイオインフォマティクスは生物科学の一分野である。情報科学の生物科学への単なる応用ではなく、生物学上の重要な問題を解決するために、常に発展を迫られている。この点は、科学研究の多くの分野と同様である。しかし、バイオインフォマティクの中ですでに確立した一部分を、テクノロジーと見なすこともできる。本書では、テクノロジーの側面も解説しているが、むしろ、バイオインフォマティクスが研究のどのような場面で必要となり、研究の進展に直結するかを、具体的に提示することを目的にしている。したがって、ゲノムの配列情報はもとより、生命のダイナミズムを構成するタンパク質の機能予測、人工デザイン、相互作用予測にも手を広げている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 UNIX・プログラミング基礎
  • 第2章 ゲノム配列解析
  • 第3章 類似性によらない機能予測
  • 第4章 タンパク質の進化とデザイン
  • 第5章 ホモロジーモデリングと機能予測
  • 第6章 データベースの構築と活用
  • 第7章 タンパク質の物理化学
  • 第8章 タンパク質相互作用の解析・予測

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基礎と実習バイオインフォマティクス
著作者等 郷 通子
高橋 健一
書名ヨミ キソ ト ジッシュウ バイオインフォマティクス
出版元 共立
刊行年月 2004.10
ページ数 220p
大きさ 26cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4320056183
NCID BA69153272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20695782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想