リチウムイオン電池物語 : 日本の技術が世界でブレイク

吉野彰 著

携帯電話やノートPCの電源に世界中で使われている"リチウムイオン電池"は日本が生んだ新技術である。このリチウムイオン電池の開発者であり、発明者である旭化成グループフェローの吉野氏が熱く語りかける開発と発明の極意。"新技術立国日本"への期待を込めたオススメの一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • リチウムイオン電池はここから始まった
  • 運命の会合-正極材料
  • VGCFとカーボンナノチューブ?
  • 人生最大の野外実験
  • 発見!八重洲の黒ダイヤ!!
  • 「バインダー」嵐への序章
  • 三億円強奪!有楽町スプレー銀行強盗事件の巻
  • 知らなかった部下の無謀行為
  • 新説開陳!三種の鈍器論
  • 悪魔のサイクル
  • 重要特許のチャンスは何度も有る!
  • 百万分の一のバラ
  • 超現代史のススメ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リチウムイオン電池物語 : 日本の技術が世界でブレイク
著作者等 吉野 彰
書名ヨミ リチウム イオン デンチ モノガタリ : ニホン ノ ギジュツ ガ セカイ デ ブレイク
書名別名 Richiumu ion denchi monogatari
出版元 シーエムシー
刊行年月 2004.9
ページ数 151p
大きさ 19cm
ISBN 4882318342
NCID BA6914115X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20780702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想