市場原理が医療を亡ぼす : アメリカの失敗

李啓充 著

頻発する株式会社病院の「犯罪」、財力に基づく凄惨な医療差別…、市場原理の下で、米国医療はどうゆがめられてきたか?!米国の事例を紹介しつつ、「混合診療解禁」、「医療機関経営への株式会社の参入容認」など、医療における「ビジネス・チャンスの創出」を目論む勢力が主導する改革論議に警鐘を鳴らす。これを読まずして医療改革は語れない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 市場原理の失敗-反面教師としての米国医療(ウォール・ストリート・メディシン-株式会社病院の「犯罪」
  • シンデレラ・メディシン-無保険者残酷物語
  • 利害の抵触-コーポレート・グリード(企業の欲望)がゆがめる医療倫理
  • 神の委員会-公正な医療資源の配分をめざして ほか)
  • 第2部 医療制度改革がめざすべきもの-銭勘定でない改革論議のススメ(日本の医療費は過剰か?
  • 先送りされる高齢者医療保険制度の改革
  • 市場原理の導入は日本の医療を救うか?
  • 保険者機能強化は日本の医療を救うか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場原理が医療を亡ぼす : アメリカの失敗
著作者等 李 啓充
書名ヨミ シジョウ ゲンリ ガ イリョウ オ ホロボス : アメリカ ノ シッパイ
出版元 医学書院
刊行年月 2004.10
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 4260127284
NCID BA69138020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20704890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想