シェークスピアは誰ですか? : 計量文献学の世界

村上征勝 著

古くから文学作品などの著者をめぐる謎は尽きないが、文章の数量的な分析から著者を割り出すことに画期的な成果を上げているのが、近年の計量文献学である。『新約聖書』のパウロの書簡は本当にパウロが書いたのか。シェークスピアの正体は?『源氏物語』の「宇治十帖」の作者は紫式部ではなかった?プラトンの書簡や『紅楼夢』、『静かなドン』をめぐる疑惑、川端康成の文体の変化、パトリシア・ハースト誘拐事件から「かい人21面相」に至るまで、本書は「文章の指紋」を検証する計量分析の手法で様々な謎をあばく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 かい人21面相の脅迫状と文体分析
  • 2 筆跡鑑定にかわる「文章の指紋」
  • 3 文学作品と哲学書の著者を推定する
  • 4 聖書と宗教書の著者を推定する
  • 5 政治や犯罪の文献をめぐって
  • 6 日本古典の謎をめぐって
  • 7 文体の変化とこころの変化
  • 8 日本語の計量分析の課題と限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェークスピアは誰ですか? : 計量文献学の世界
著作者等 村上 征勝
書名ヨミ シェークスピア ワ ダレ デスカ : ケイリョウ ブンケンガク ノ セカイ
書名別名 Shekusupia wa dare desuka
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2004.10
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 4166604066
NCID BA69116866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20690572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想