中唐詩壇の研究

赤井益久 著

[目次]

  • 第1部 大暦から元和へ(大暦から元和へ-「中唐」の文学史的意味
  • 劉長卿詩論-長洲県尉時の左謫を中心に ほか)
  • 第2部 韋応物と白居易(韋応物と白居易
  • 諷諭詩考-韋応物の歌行・雑体詩の影響を中心として ほか)
  • 第3部 諷諭詩の系譜(中唐詩壇諷諭詩の系譜
  • 張王楽府論 ほか)
  • 第4部 謫遷と文学(劉禹錫の謫遷と文学-朗州司馬期の寓言文学を中心に
  • 劉禹錫の賦について ほか)
  • 第5部 周辺からの照射(中唐における「吏隠」について
  • 郡斎詩について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中唐詩壇の研究
著作者等 赤井 益久
書名ヨミ チュウトウ シダン ノ ケンキュウ
シリーズ名 東洋学叢書
出版元 創文社
刊行年月 2004.10
ページ数 534, 42p
大きさ 22cm
ISBN 4423192594
NCID BA69114441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20790373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想