インターネット安全活用術

石田晴久 著

本格的なブロードバンド時代を迎え、いまや日本人の半数以上がインターネットを利用している。ホーム・バンキングやIP電話など、利用法は広がる一方、セキュリティや倫理面など新たな問題が表面化している。誰もが無意識のうちに被害者にも加害者にもなってしまう。インターネットに潜む危険性を指摘し、その対策を具体的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 インターネットの効用と危うさ
  • 2章 インターネットが引き起こす社会問題
  • 3章 ウィルスと不正侵入
  • 4章 多機能になったセキュリティ対策ソフトウェア
  • 5章 新たな脅威-スパイウェアとピーツーピー
  • 6章 個人による情報の保護と電子政府
  • 7章 企業におけるセキュリティ対策
  • 8章 インターネットの課題
  • 9章 インターネットから身を守るための一〇ヶ条
  • 付録 インターネット関連の法律

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネット安全活用術
著作者等 石田 晴久
書名ヨミ インターネット アンゼン カツヨウジュツ
書名別名 Intanetto anzen katsuyojutsu
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.10
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4004309174
NCID BA69091969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20698592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想