日本地名学を学ぶ人のために

吉田金彦, 糸井通浩 編

地名という文化財の探究に向けて。人は地名をして文化を育て、育った文化は地名に歴史の足跡を刻む。地名の生成と変遷、また消滅は、人間の運命や興亡を証明するものでだから人間も責任を負わねばならない。正しい地名への理解は、教育的波及効果もまた大きい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 地名学への誘い(「地名学」という学問
  • 日本地名学の魅力-記・紀・万葉地名の転訛・改字例を考える)
  • 第1章 地名の成り立ち(地形と地名-人々の空間認識
  • 自然地名とその認識 ほか)
  • 第2章 地名学の方法(日本語の歴史と地名研究
  • 地名研究の歴史と研究文献 ほか)
  • 第3章 地名に関する問題と課題(山岳・河川等の名
  • 大・小の字(あざ)名 ほか)
  • 第4章 地名学の役割(地名研究で見えてくるもの-信仰地名の変容
  • 現代の地名に関する課題-地名の保存 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本地名学を学ぶ人のために
著作者等 吉田 金彦
糸井 通浩
書名ヨミ ニホン チメイガク オ マナブ ヒト ノ タメニ
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.11
ページ数 350p
大きさ 19cm
ISBN 4790710882
NCID BA69084318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20735563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想