社会福祉学の方法 : アイデンティティの探求

古川孝順 著

社会福祉学固有の性格、研究方法とは何か。経済学・法学・社会学・心理学などの先行諸科学の総和から出発した戦後社会福祉学において、固有のアイデンティティを一貫して追究してきた学界第三世代を代表する著者が、次世代を担う皆さんに、1つのディシプリンとしての社会福祉学のあり方を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 岐路に立つ社会福祉学研究-社会福祉学のアイデンティティ
  • 第2章 社会福祉学研究とソーシャルワーク・ケアワーク-縮み思考を超えて
  • 第3章 戦後社会福祉学研究の系譜-批判的考察と成果の継承
  • 第4章 社会福祉史の視点と枠組み-イギリス社会福祉史を手がかりに
  • 第5章 社会福祉成立の論理と歴史-生活支援システムの正統性
  • 第6章 比較社会福祉学の視点と方法-その基礎的諸問題
  • 第7章 介護サービス分析の見取り図-視点と枠組み
  • 第8章 現代社会福祉をとらえる視点と枠組み-現状分析の方法
  • 終章 社会福祉学の方法-分析・再構成・記述

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会福祉学の方法 : アイデンティティの探求
著作者等 古川 孝順
書名ヨミ シャカイ フクシガク ノ ホウホウ : アイデンティティ ノ タンキュウ
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.10
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 464107691X
NCID BA69071837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20692657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想