寂兮寥兮

大庭みな子 著

幼なじみの万有子と泊は、ごっこ遊びの延長の如き微妙な愛情関係にあったが、それぞれの夫と妻の裏切りの死を契機に…。ふたりを軸に三世代の織りなす人間模様は、過去と今、夢とうつつが混じり合い、愛も性もアモラルな自他の境なき幽明に帰してゆく。デビュー以来、西欧への違和を表現してきた著者が親炙する老子の思想に触発され、生と性の不可解さを前衛的手法で描いた谷崎賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寂兮寥兮
著作者等 大庭 みな子
書名ヨミ カタチ モ ナク
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.10
ページ数 189p
大きさ 16cm
ISBN 4061983830
NCID BA69068060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20672684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想