大観伝

近藤啓太郎 著

岡倉天心を師と仰ぎ、師の理想と精神を継承して日本画の近代化に苦闘した横山大観。明治・大正・昭和の三代に亘り侠骨の画人と謳われた巨人・大観の波瀾の生涯を、東京美術学校日本画科卒の経歴を持ちながら、絵を捨て文学に転じた著者が、渾身の力を傾注し書き綴った大観伝。多彩な資料を駆使し、大観の内面を掘りさげ、苦闘の内実を鮮やかに描出。著者の新生面を拓いた画期的評伝。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大観伝
著作者等 近藤 啓太郎
書名ヨミ タイカンデン
書名別名 Taikanden
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.10
ページ数 404p
大きさ 16cm
ISBN 4061983857
NCID BA69066644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想