詩人のノート

田村隆一 著

移り住んだ鎌倉の風物、様々な交遊と若き日の回想、旅での逸話の数々、愛すべき酒と書物…。自作をはじめ、数多くの詩の引用を導きとして、詩人をとりまく日常を、四季を通じて描いたエッセイ四十二篇。ユーモア溢れる各篇から、戦後詩を切り拓き、常に詩の最前線で活躍し続けた著者の、円熟した詩想と自由なる精神が漂う珠玉の随筆集。読書の悦びを満喫する一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1974秋(黄色い外国製の鉛筆
  • 神酒を入れるヒョウタンを ほか)
  • 1974冬(狐
  • 赤い夕陽-石井昂君に ほか)
  • 1975春(音楽を聞く老人のための小夜曲
  • 盲目の少女 ほか)
  • 1975夏(窓
  • 比々多村 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩人のノート
著作者等 田村 隆一
書名ヨミ シジン ノ ノート
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.10
ページ数 283p
大きさ 16cm
ISBN 4061983849
NCID BA6906031X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想