大都会のない国 : 戦後ドイツの観相学的パノラマ

カール・ハインツ・ボーラー 著 ; 高木葉子 訳

再統一前後にまたがるドイツの政治的真空状態を"田舎者根性"の産物として批判し、"国民性"の自覚をうながすボーラーの挑発的提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章に代えて-フォークランドとドイツ人
  • 田舎者根性-ある構造的所見
  • さまざまな政治的メンタリティーの心の記録
  • 政治的真空状態
  • 秘密なき表現
  • 一九四五年から大都会がない
  • ユーロ田舎者根性
  • 認識としての観相学-ドイツ政治の表現型に関して
  • 誤った抱擁
  • コール-システムと環境
  • 国防軍展に関する国民的な考察
  • エピローグ-罪の文化あるいは恥の文化 歴史的記憶の喪失

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大都会のない国 : 戦後ドイツの観相学的パノラマ
著作者等 Bohrer, Karl Heinz
高木 葉子
ボーラー カール・ハインツ
書名ヨミ メトロポール ノ ナイ クニ : センゴ ドイツ ノ カンソウガクテキ パノラマ
書名別名 Provinzialismus

Metoroporu no nai kuni
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 805
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2004.10
ページ数 224, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4588008056
NCID BA69053890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20737825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想