インドネシアの経済再編 : 構造・制度・アクター

佐藤百合 編

本書は、アジア通貨危機と政治体制の転換という二重のショックを受けたインドネシア経済が、その後の制度改編期にどのような変化をみせ、どのような現状にいたっているのかを明らかにするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 インドネシアの経済再編-構造・制度・アクター
  • 第1章 国際的生産・流通ネットワークとインドネシア
  • 第2章 インドネシア経済の構造変化と工業化の到達点-1985〜2000年の産業連関分析
  • 第3章 経済法制度の改革と実効性
  • 第4章 銀行再編と金融制度改革
  • 第5章 企業ガバナンス改革と企業の所有経営
  • 第6章 BULOG公社化の背景と特質-食糧部門における制度改革
  • 第7章 林業改革と資源レント配分の変化
  • 第8章 地方分権化後の地方経済とアクター-問われる地方政府の能力
  • 第9章 労働者組織の台頭と労使関係制度の展開-インドネシアにおける安定的な労使関係の成立に関する事例研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドネシアの経済再編 : 構造・制度・アクター
著作者等 アジア経済研究所
佐藤 百合
書名ヨミ インドネシア ノ ケイザイ サイヘン : コウゾウ セイド アクター
シリーズ名 研究双書 no.537
出版元 日本貿易振興機構アジア経済研究所
刊行年月 2004.10
ページ数 444p
大きさ 21cm
ISBN 4258045373
NCID BA69039470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20682195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想