青山二郎の話

宇野千代 著

骨董は女と同じだ。抱いてみなければわからない-透徹した美意識に支えられた審美眼の主として、異彩を放ち続けた青山二郎。その放蕩も含めて日常を見守った著者が、愛と尊敬と好奇心をもってささげるオマージュ。抑制されたやわらかな言の葉に、卓越したある時代の魂がたしかに宿る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青山二郎の話
著作者等 宇野 千代
書名ヨミ アオヤマ ジロウ ノ ハナシ
書名別名 Aoyama jiro no hanashi
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.9
版表示 改版.
ページ数 151p
大きさ 16cm
ISBN 4122044243
NCID BA69033860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20678402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想