暗号がわかる本

神保雅一 監修 ; イオタゼミ 著

古代ローマの時代からすでに使われていた暗号。1970年代のDES暗号制定、公開鍵暗号の発明を契機に現代情報セキュリティ技術の担い手として、その役割は増している。貴方も"秘密の"暗号の世界を覗いてみませんか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古典暗号(隠語による暗号
  • ニイタカヤマノボレは隠語による暗号 ほか)
  • 2 共通鍵暗号(現代暗号の誕生
  • 共通鍵暗号の基礎知識 ほか)
  • 3 公開鍵暗号(内緒で鍵を渡そう
  • 法の世界 ほか)
  • 認証(認証とは
  • 認証モデル ほか)
  • 5 暗号を用いたアプリケーション(公開鍵基盤PKI
  • 認証局モデル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗号がわかる本
著作者等 神保 雅一
イオタゼミ
書名ヨミ アンゴウ ガ ワカル ホン
書名別名 Ango ga wakaru hon
シリーズ名 なるほどナットク!
出版元 オーム社
刊行年月 2004.9
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4274079759
NCID BA69016963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20681656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想