薬学と社会 : これからの薬剤師像を求めて

Kevin Taylor, Sarah Nettleton, Geoffrey Harding 著 ; 渡辺義嗣 訳

本書は、特に薬学を学んだり実践したりしている人で、社会学に初めて触れる人のために書かれている。それは、社会学の重要な諸概念を紹介し、それらが21世紀の薬剤師業務にとって重要であり応用が効く、ということを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ薬学のための社会学なのか
  • 第1章 社会学:序論
  • 第2章 薬局の現代的業務
  • 第3章 健康と病気:一般人の観点の理解
  • 第4章 援助を求めることと医療専門家との相談
  • 第5章 社会的要因と健康
  • 第6章 社会的不平等と健康
  • 第7章 薬剤師の職業的地位
  • 第8章 健康の維持と増進
  • 第9章 社会調査法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬学と社会 : これからの薬剤師像を求めて
著作者等 Harding, Geoffrey
Nettleton, Sarah
Taylor, Kevin
渡辺 義嗣
ネットルトン サラ
ハーディング ジェフリー
テイラー ケヴィン
書名ヨミ ヤクガク ト シャカイ : コレカラ ノ ヤクザイシゾウ オ モトメテ
書名別名 Sociology for pharmacists. (2nd ed.)
出版元 共立
刊行年月 2004.9
ページ数 183p
大きさ 26cm
ISBN 4320061500
NCID BA69009899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20685778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想