脳の進化学 : 男女の脳はなぜ違うのか

田中冨久子 著

攻撃行動に重要な役割を果たす「古脳」と、知性をつくる「新脳」のしくみ、そして性ホルモンにあやつられるこれら古脳と新脳のすがたを追うことで、現代人の行動の謎を明らかにした力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地球の今をつくった現代人の脳(現代人の脳
  • 現代人のルーツ
  • 350万年前、サルからヒトへ
  • 脳が大きくなるメカニズム)
  • 第2章 情動をつくる古脳(攻撃性の生態学
  • 攻撃は古脳がつくる情動行動
  • 子どもの遊びと性差をつくる古脳
  • 男性優位性成立に関する一考察)
  • 第3章 知性をつくる新脳(アメリカにおける男女の知的能力、33年間の統計
  • 言語能力に優れているという女の脳
  • 本当に、男性は数学的の雨緑で女性より優れているのだろうか
  • 女性の知性が、子に伝わる
  • 空間能力に優れているという男の脳)
  • 第4章 性ホルモンにあやつられる古脳と新脳(古脳を性分化させる性ホルモン
  • 古脳をあやつる性ホルモン
  • 新脳をもあやつる性ホルモン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の進化学 : 男女の脳はなぜ違うのか
著作者等 田中 冨久子
書名ヨミ ノウ ノ シンカガク : ダンジョ ノ ノウ ワ ナゼ チガウノカ
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.10
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4121501519
NCID BA69000056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20706538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想