新編中城ふみ子歌集

中城ふみ子 著 ; 菱川善夫 編

戦後歌壇に彗星のごとく現れて消えた中城ふみ子。「短歌研究」編集長時代の中井英夫が一等先に見初めたこの伝説的女流歌人の出現は、現代短歌史上の一大事件として語り継がれている。本書は、中城の苛烈な愛と生が詠いこまれた『乳房喪失』と『花の原型』の二歌集を、その精神の発展史が辿れるよう編み直した新編歌集。中井との濃密な往復書簡も併せて収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 冬の花火-ある乳癌患者のうた
  • 装飾(仮面
  • 水の如く
  • 風の日
  • 肌の記憶 ほか)
  • 深層(葬ひ花
  • 氷紋
  • 葬りの雪
  • 赤い幻暈 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編中城ふみ子歌集
著作者等 中城 ふみ子
菱川 善夫
書名ヨミ シンペン ナカジョウ フミコ カシュウ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2004.10
版表示 新編
ページ数 381p
大きさ 16cm
ISBN 4582765157
NCID BA68990575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20701255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想