ヘーゲル『精神現象学』を読む

寄川条路 著

ヘーゲルの『精神現象学』は、西洋近代哲学を代表する記念碑的労作として、ヨーロッパの思想・文化を今日に至るまで規定している。本書は「実体=主体説」を切り口に、ヘーゲル哲学のエッセンスを提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 実体と主体
  • 第2章 意識の経験
  • 第3章 意識
  • 第4章 自己意識
  • 第5章 理性
  • 第6章 実体=主体説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲル『精神現象学』を読む
著作者等 寄川 条路
書名ヨミ ヘーゲル セイシン ゲンショウガク オ ヨム
書名別名 Hegeru seishin genshogaku o yomu
シリーズ名 精神現象学
Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.11
ページ数 136p
大きさ 19cm
ISBN 4790710912
NCID BA68976450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20734259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想