梁塵秘抄

西郷信綱 著

中世の流行歌「今様」を後白河院が編んだ「梁塵秘抄」。登場するのは遊女、傀儡子、博徒、修験僧など秩序の外側に生きる人々だった。分けても、歌と舞いを生業として諸国をめぐる「遊女」の口の端にかかったとおぼしき歌は多い。遊びの歌、男女の歌、日常の喜びや悲しみの歌、思いをいかにも生き生きとリズミカルに表現する歌の数々。「一首一首の前で立ちどまり、そのことばを吟味しながら、できるだけゆっくり作品を享受し経験する」碩学の精確な読みの向うに、不思議に明るい日本の風土が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 梁塵秘抄の歌(我を頼めて来ぬ男
  • 遊びをせんとや生れけむ
  • 遊女の好むもの
  • 楠葉の御牧の土器作り ほか)
  • 第2部 梁塵秘抄覚え書(梁塵秘抄における言葉と音楽
  • 遊女、傀儡子、後白河院)
  • 付 和泉式部と敬愛の祭(神楽の夜-「早歌」について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 梁塵秘抄
著作者等 西郷 信綱
書名ヨミ リョウジン ヒショウ
書名別名 Ryojin hisho
シリーズ名 梁塵秘抄
ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.10
ページ数 238p
大きさ 15cm
ISBN 4480088814
NCID BA68958991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20698349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想