宮崎駿の「深み」へ

村瀬学 著

ナウシカや王虫は何を食べて生きているのか?もののけ姫・サンが動物の皮を被っているのはなぜか?"ものを食べ、腐敗させ、消化し、排出する"有機体的なサイクルに着目して、アニメ作品を丁寧に読み解き、宮崎駿の感性と思考の深部に迫る。子どもにとって、また大人にとって、アニメを見る意味を明らかにした快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ジャングル」から「腐海」へ-『ジャングル大帝』から『風の谷のナウシカ』へ
  • 第2章 『風の谷のナウシカ』論
  • 第3章 『天空の城ラピュタ』論
  • 第4章 『となりのトトロ』論
  • 第5章 『魔女の宅急便』論
  • 第6章 『紅の豚』論
  • 第7章 『もののけ姫』論
  • 第8章 『千と千尋の神隠し』論
  • 番外 『ハウルの動く城』へ-原作『魔法使いハウルと火の悪魔』を読む
  • まとめ-有機体的な世界の不思議さへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮崎駿の「深み」へ
著作者等 村瀬 学
書名ヨミ ミヤザキ ハヤオ ノ フカミ エ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2004.10
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 4582852432
NCID BA68956704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20708121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想