経験と教育

ジョン・デューイ 著 ; 市村尚久 訳

子どもの才能と個性を切り拓く教育とは?子ども自身の経験が好奇心を喚起し、独創力を高め、強力な願望や目的を創出し、能動的成長を促す。経験の連続性と相互作用という二つの原理を軸に、経験の意味と教師の役割を深く分析した本書は、デューイの教育思想を凝縮した名論考であり、生きた学力をめざす総合学習の導きの書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 伝統的教育対進歩主義教育
  • 第2章 経験についての理論の必要
  • 第3章 経験の基準
  • 第4章 社会的統制
  • 第5章 自由の本性
  • 第6章 目的の意味
  • 第7章 教材の進歩主義的組織化
  • 第8章 経験-教育の手段と目的

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経験と教育
著作者等 Dewey, John
市村 尚久
デューイ ジョン
書名ヨミ ケイケン ト キョウイク
書名別名 Experience and education
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.10
ページ数 162p
大きさ 15cm
ISBN 4061596802
NCID BA68952237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20687887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想