パルテノン・スキャンダル : 大英博物館の「略奪美術品」

朽木ゆり子 著

大英博物館の所蔵品の中でも、最も壮大で閲覧者も多いパルテノン・ギャラリー。その展示品は、アクロポリスにある大神殿をかつて装飾していた大理石彫刻である。トルコ支配下のアテネで、英国大使エルギンによってパルテノン神殿から剥ぎ取られて以降、ナポレオン率いるフランスとの争奪戦を経て、ギリシャ返還運動までの二百年を描く美術ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 大英博物館をめぐる文化財返還危機
  • 第1章 エルギン大使誕生
  • 第2章 イギリスの美意識を変えるプロジェクト
  • 第3章 勅令の威力
  • 第4章 非情な蛮行
  • 第5章 ナポレオンの囚われ人
  • 第6章 エルギン・マーブル売却へ
  • 第7章 メリナ・メルクーリの闘い
  • 第8章 返還問題と洗浄スキャンダル
  • 第9章 オリンピックとガラス張りのパルテノン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パルテノン・スキャンダル : 大英博物館の「略奪美術品」
著作者等 朽木 ゆり子
書名ヨミ パルテノン スキャンダル : ダイエイ ハクブツカン ノ リャクダツ ビジュツヒン
書名別名 Parutenon sukyandaru
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2004.9
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 4106035405
NCID BA68922258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20680874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想