聖母のルネサンス : マリアはどう描かれたか

石井美樹子 著

ルネサンス期のヨーロッパで描かれたおびただしい聖母子像は、人間存在の美しさへの人々の感受性を目覚めさせ、子を慈しみ育てる母たちの理想像となり、さらには文字文化から遠ざけられてきた女性たちに学ぶことをうながす役割も果たした。聖母マリアのイメージの変遷を、名画を読み解きながらたどり、ルネサンスの息吹を生き生きと伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 受胎告知-神の母から人の母へ(「受肉の神学」と新しい聖母子像
  • 救済への入り口「受胎告知」
  • 「受胎告知」のさまざまな表象 ほか)
  • 第2章 ミルクスープの聖母-ミルクとスプーンのフォークロア(シンボル解読の旅へ
  • 「授乳の聖母」と養い親ヨセフ
  • スプーンのシンボリズム)
  • 第3章 書を持つ聖母-「神の器」から言葉の主体へ(象徴としての書物
  • 読み書きを教える聖母
  • 聖画の女性たちと書物 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖母のルネサンス : マリアはどう描かれたか
著作者等 石井 美樹子
書名ヨミ セイボ ノ ルネサンス : マリア ワ ドウ エガカレタカ
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.9
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 4000236490
NCID BA6892170X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20686323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想