完全踏査古代の道 : 畿内・東海道・東山道・北陸道

木下良 監修 ; 武部健一 著

都から本州と四国・九州に達する壮大なネットワークであった古代の道。道路技術者の著者が、高速道路ルートとの類似性に注目し、全駅路を実際に走破。駅路の歴史的変遷、駅家の位置など"古代道路"の全貌を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代の道とは(古代の道とその歴史
  • これまでの駅路研究のあらまし ほか)
  • 2 東海道をたどる(東海道のあらまし
  • 都を出て近江国へ ほか)
  • 3 東山道をたどる(東山道のあらまし
  • 近江国から美濃国へ ほか)
  • 4 北陸道をたどる(北陸道のあらまし
  • 近江国と若狭国の北陸道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 完全踏査古代の道 : 畿内・東海道・東山道・北陸道
著作者等 木下 良
武部 健一
書名ヨミ カンゼン トウサ コダイ ノ ミチ : キナイ トウカイドウ トウサンドウ ホクリクドウ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.10
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4642079327
NCID BA68902024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20683572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想