行政争訟と行政法学

宮崎良夫 著

行政行為の公定力理論に関する研究を中心に、わが国の行政法理論の到達点を示しつつ、比較法的および歴史的・実証的観点から、わが国の行政争訟制度と法理論の特質を鮮やかに解明。最新の動きをふまえた増補版。わが国行政法学の特質を解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 行政訴訟制度と行政法学-「行政権の独立性保障論」の系譜
  • 行政裁判所と評定官
  • 行政不服審査制度の運用と問題点
  • 取消訴訟の原告適格
  • 取消訴訟の訴訟物
  • 行政行為の公定力(戦前における形成と展開
  • 戦後における展開)
  • 社会保障行政と権利保護
  • 日本の行政訴訟制度の問題点と改革の課題
  • 行政指導と裁判所の判決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行政争訟と行政法学
著作者等 宮崎 良夫
書名ヨミ ギョウセイ ソウショウ ト ギョウセイホウガク
シリーズ名 東京大学社会科学研究所研究叢書 第75冊
行政法研究双書 第75冊
出版元 弘文堂
刊行年月 2004.9
版表示 増補版.
ページ数 450p
大きさ 22cm
ISBN 4335312067
NCID BA68894243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20696981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想