更級日記の新研究 : 孝標女の世界を考える

和田律子, 久下裕利 編

[目次]

  • 菅原孝標女の和歌-その類似表現
  • 『更級日記』と物語創作-記されない意味
  • 『更級日記』の作品空間と夢-虚構と存在把握
  • 孝標女の変容-『更級日記』再出仕記事を読み直す
  • 『更級日記』上洛の記の一背景-同時代における名所題の流行
  • 『更級日記』論にむけて-「荻の葉」の段から考える
  • 読書家の日記としての『更級日記』-英語圏における『更級日記』研究の歴史と問題点
  • 儀式・先例からみた藤原頼通
  • 日記作者としての孝標女と「唐后」
  • 浜松中納言物語の表現-更級日記「といふ」表現を起点として
  • 『浜松中納言物語』における「さんいう」の霞-その形成する空間と物語機能
  • 『浜松中納言物語』から『とりかへばや』へ-菅原孝標女の表現世界の継承
  • 『更科日記』と『夜の寝覚』-物語の成立と日記
  • 『夜の寝覚』における夕顔物語引用の方法-「身分違いの恋」という装い
  • 孝標女の物語-『夜の寝覚』の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 更級日記の新研究 : 孝標女の世界を考える
著作者等 久下 裕利
和田 律子
書名ヨミ サラシナ ニッキ ノ シンケンキュウ : タカスエ ノ ムスメ ノ セカイ オ カンガエル
シリーズ名 更級日記
出版元 新典社
刊行年月 2004.9
ページ数 429p
大きさ 22cm
ISBN 4787927124
NCID BA68892113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20684175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想