仕事中だけ「うつ」になる人たち : ストレス社会で生き残る働き方とは

小杉正太郎, 川上真史 著

人間関係のトラブル、過大な業務量、成果主義のプレッシャー-さまざまな職場ストレスが引き起こす適応障害=「社内うつ」を手がかりに、企業内のカウンセリングに長年取り組んできた心理学者と、コンピテンシーに基づく人事制度導入を手がけてきた人事コンサルタントが、ビジネス社会のいまを読み解き、ストレス社会での働き方を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま職場で起こっていること
  • 第1章 「社内うつ」が職場に忍び寄っている
  • 第2章 タイプ別に見るメンタルトラブル
  • 第3章 経営改革会社はOK社員もOK?
  • 第4章 転職者三〇〇万人時代の落とし穴
  • 第5章 ストレス社会で生き抜くサバイバル術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仕事中だけ「うつ」になる人たち : ストレス社会で生き残る働き方とは
著作者等 小杉 正太郎
川上 真史
書名ヨミ シゴトチュウ ダケ ウツ ニ ナル ヒトタチ : ストレス シャカイ デ イキノコル ハタラキカタ トワ
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2004.9
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 4532311233
NCID BA68883495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20674647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想