オーストラリアの日本語教育と日本の対オーストラリア日本語普及

嶋津拓 著

本書は、第一次世界大戦の終了後から第二次世界大戦までの、いわゆる戦間期にほぼ相当する時期におけるオーストラリアの日本語教育史を、とくに「政策」の観点から分析したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オーストラリアの「日本語教育政策」(日本語教育のはじまりとその時代背景
  • James Murdoch ほか)
  • 第2章 日本の対オーストラリア「日本語普及政策」(メルボルン大学と稲垣蒙志
  • 国際文化振興会 ほか)
  • 第3章 オーストラリアと日本語(日本語クラブ
  • 第三高千穂丸事件 ほか)
  • 第4章 第二次世界大戦中の「日本語教育政策」(日本語能力を有する人材の確保
  • 空軍日本語学校)
  • 第5章 日豪開戦と「日本語教師」(国際文化振興会の対オーストラリア事業
  • 清田龍之助の場合 ほか)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーストラリアの日本語教育と日本の対オーストラリア日本語普及
著作者等 嶋津 拓
書名ヨミ オーストラリア ノ ニホンゴ キョウイク ト ニホン ノ タイ オーストラリア ニホンゴ フキュウ : ソノ セイサク ノ センカンキ ニ オケル ドウコウ
書名別名 その「政策」の戦間期における動向

Osutoraria no nihongo kyoiku to nihon no tai osutoraria nihongo fukyu
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2004.7
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 4894762218
NCID BA68881241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20679024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想